受賞および奨学金等の獲得
賞,奨学金等の名称
受賞者
タイトル等
受賞年
ベストプレゼンテーション賞(第6回日本進化原生生物学研究会)
鈴木重勝
最大のヌクレオモルフ(Nm)ゲノムをもつクロララクニオン藻Partenskyella glossopodiaのNmゲノムの比較解析 2013年度
日本学術振興会特別研究員(DC1)
野村真未
鞭毛装置の比較及び複数遺伝子解析によるケルコゾア門の分類体系の再構築 2013年度
日本学術振興会特別研究員(DC2)
野村真未
ポーリネラ・クロマトフォラの珪酸沈着と被殻構築に関わるタンパク質の同定と進化 2013年度
The Best Poster Award
(6th Asia-Pacific Phycological Forum)
Misaka Taira, Mina Nomizu, Takeshi Nakayama, Isao Inouye, Ken-ichiro Ishida Taxonomic study on a newly isolated Botrydiopsis-like alga, the strain TIR56 (Xanthophyceae). 2011年度
ISOPJahn-Bovee Student Presentation Award for 2011

Mami Nomura
Takuro Nakayama
Ken-ichiro Ishida

How does Paulinella chromatophora (Euglyphida, Cercozoa) build a daughter's shell?
2011年度
平成23年度笹川科学研究助成
野村真未
有殻アメーバPaulinella chromatophoraにおける珪酸被殻形成に関与するタンパク質の探索
2011年度
ISOP Holz-Conner Travel Award
Takashi Shiratori
Taxonomic study on a new naked thaumatomonad (Phylum Cercozoa)
2011年度
ISOP Holz-Conner Travel Award
Mami Nomura
How does Paulinella chromatophora (Euglyphida, Cercozoa) build a daughter's shell?
2011年度
平成22年度日本学術振興会優秀若手研究者海外派遣(特別研究員)
矢吹彬憲
一大未知生物群ケルコゾアの把握とその分類
2010年度
平成21年度笹川科学研究助成
遠藤寛子
クロララクニオン植物Partenskyella glossopodia(RCC365株)の核・葉緑体・ヌクレオモルフ(共生者核の痕跡)分裂様式と細胞分裂周期の解明
2009年度
Best Poster Presentation Award
(International Symposium on Protistology: Evolution and Diversity, University of Tsukuba, Japan)
Akinori Yabuki
Yuji Inagaki
Ken-ichiro Ishida
Palpitomonas bilix n. gen., n. sp., a missing-link protist between green algae and cryptophytes?
2008年
フランス政府給費奨学金留学生
大田修平
 
2008年〜
日本学術振興会特別研究員(DC1)
矢吹彬憲
一大未知生物群ケルコゾアの多様性の解明とその分類
2008年〜
日本原生動物学会若手の会フォトコンテスト最優秀賞
中山卓郎
Paulinella chromatophora の立体視走査型電子顕微鏡写真
2007年
日本学術振興会特別研究員(DC1)
中山卓郎
Paulinella chromatophora のシアネレに関する研究
2007年〜
日本藻類学会論文賞
大田修平
植田邦彦
石田健一郎
Ota S., Ueda K. and Ishida K. (2005) Lotharella vacuolata sp. nov., a new species of chlorarachniophyte algae, and time-lapse video observations on its unique post-cell division behavior. Phycological Research 53:275-286.
2007年
The Best Poster Award
(International Symposium on Marine Algae and Global Warming, Seoul Korea)
Takuro Nakayama
Ken-ichiro Ishida
Single origin of Paulinella chromatophora cyanelles.
2006年
The Best Poster Award
(DOBIS International Symposium: Dynamics of Ocean Biosystem, Tokyo)
Shuhei Ota
Kunihiko Ueda
Ken-ichiro Ishida
Taxonomy and an interesting post-cell division behavior of a newly isolated chlorarachniophyte strain.
2005年
日本植物学会学会賞 奨励賞
石田健一郎
クロララクニオン藻の系統、分類、進化、そして二次共生による葉緑体獲得のメカニズムによる研究
2005年
The George F. Papenfuss Award
(8th International Phycological Congress)
Takuro Nakayama
Ken-ichiro Ishida
Another primary endosymbiosis? -Origin of Paulinella chlomatophora cyanelles.
2005年
The George F. Papenfuss Award
(8th International Phycological Congress)
Shuhei Ota
Kunihiko Ueda
Ken-ichiro Ishida
Taxonomy and an interesting post-cell division behavior of a newly isolated chlorarachniophyte strain.
2005年
The Best Poster Award
(2nd Asia-Pacific Phycological Forum)
Ken-ichiro Ishida
Beverley R. Green
Tom Cavalier-Smith
Chlorarachniophytes are evolutionary chimaeras of one eukaryote cell within another.
1999年
日本学術振興会海外特別研究員 石田健一郎 葉緑体包膜のタンパク質輸送機構からみた二次共生由来藻類の葉緑体の進化 1998年
(2年間)
Izzac Walton Killam Memorial Postdoctoral Fellowship Ken-ichiro Ishida Molecular Evolution of Photosynthetic Proteins in the Cryptophyta and Chlorarachniophyta
1996年
(2年間)
The George F. Papenfuss Award (1st position)
(4th International Phycological Congress)
Ken-ichiro Ishida
Takeshi Nakayama
Yoshiaki Hara
Three isolates of chlorarachniophycean algae from Japan and adjacent areas. 1991年