筑波大学 岩井宏暁 研究室

筑波大学 生命環境科学研究科生物学類 
環境バイオマス共生学専攻 環境植物生理学分野




(生物学類学生による紹介のページ)

新学術領域研究「植物細胞壁機能」に計画班として参加しています。

実験室:総合研究棟 A419号室(電話:029-853-4871、 FAX:-4579
オフィス:総合研究棟 406号室(電話:029-853-7260
Eメール:iwai.hiroaki.gb@u.tsukuba.ac.jp

岩井の研究に興味のある皆さんへ

現在、主に以下のテーマを行っています。 研究目的をご覧下さい。

イメージ図

説明会で用いた図がクリックすると見ることができます。

・果実の軟化(研究目的:1)
(プレスリリースされyahooニュース等で紹介されました。詳しくはこちらから)

・花や葉の分化と細胞接着(研究目的:1)

・環境応答(病害応答、重力屈性、塩耐性(高浸透圧耐性)(研究目的:2)

・高セルロース性スーパー細胞壁(バイオ燃料、 力学特性、病害応答)(研究目的:3)
(プレスリリースされ各メディアに紹介されました。詳しくはこ ちらから)

落花と落果および脱粒性について
(JT生命誌研究館 生命誌ジャーナルに掲載。詳しくはこちらから)

以上のテーマについて、あまり注目されてこなかった細胞壁を切り口にすることで新たな発見をすることが私たちのオリジナリティーです。

生物学類の卒研を岩井と一緒に行いたいと考えている学生さんは、研究内容紹介とラボと院生室にご案内しますので、気軽にメールを下さい。
卒業研究のみの就職希望の学生さんも歓迎します。
ありがたいことに、毎年、一緒に研究してくれる学生さんが来てくれているおかげで、各学年に学生がいるのが岩井研の特徴の一つです。

生物学類生による教員紹介のページ(私の研究と教育についての考え方について学生さんが紹介してくださいました。)

興味のある学生さんは、iwai.hiroaki.gb@u.tsukuba.ac.jpまで連絡をしてください。

一緒に研究している学生のみなさんの写真とテーマ


旧ページ(2011以前のページ)

卒業生のみなさん


最近の主な発表論文

Mizukami A., Inatsugi R., Jiao J., Kotake T., Kuwata K., Ootani K, Okuda S., Sankaranarayanan S., Sato Y., Maruyama D., Iwai H., Garénaux E., Sato C., Kitajima K., Tsumuraya Y., Mori H., Yamaguchi J., Itami K., Sasaki N. and Higashiyama T. (2016) The AMOR arabinogalactan sugar chain induces pollen tube competency to respond to ovular guidance Curr. Biol.  26(8), 1091-1097

Yokoyama R., Kido N., Yamamoto T., Furukawa J., Iwai H., Satoh S. and Nishitani K. (2016) Immunogold labeling analysis of cell wall polysaccharides with special reference to (1;3, 1;4)-β-D-glucan in rice cell walls . Bio-protocol 6, 5

Kido N., Yokoyama R., Yamamoto T., Furukawa J., Iwai H., Satoh S. and Nishitani K. (2015) Histochemical Staining of Silica Body in Rice Leaf Blades. Bio-protocol 5, 19

Tsuchiya, M., Satoh, S., Iwai, H. (2015) Distribution of XTH, Expansin and Secondary-wall-related Ces in Floral and Fruit Abscission Zones during Fruit Development in Tomato (Solanum lycopersicum). Frontiers in Plant Science 6:323

Sumiyoshi, M., Inamura, T., Nakamura, A., Aohara, T., Ishii, T., Satoh, S., Iwai, H. (2015) UDP-Arabinopyranose Mutase 3 is Required for Pollen Wall Morphogenesis in Rice (Oryza sativa). Plant and Cell Physiol 56 (2): 233-241

Kido, N., Yokoyama, R., Yamamoto, T., Furukawa, J., Iwai, H. Satoh, S., Nishitani, K. (2015) The matrix polysaccharide (1;3, 1;4)-b-D-glucan is involved in silicon-dependent strengthening of rice cell wall Plant and Cell Physiol 56 (2): 268-276 

Pitaksaringkarn, W., Matsuoka, K., Asahina, M., Miura, K., Sage-Ono, K., Ono, M., Yokoyama, R., Nishitani, K., Ishii, T., Iwai, H., Satoh, S. (2014) XTH20 and XTH19 regulated by ANAC071 under auxin flow are involved in cell proliferation in incised Arabidopsis inflorescence stems. Plant J 80(4): 604-614


Takizawa, A., Hyodo, H., Wada, K., Ishii, T., Satoh, S. and
Iwai, H. (2014) Regulatory Specialization of Xyloglucan and Glucuronoarabinoxylan in Pericarp Cell Walls during Fruit Reipening in Tomato (Sonalum lycopersicum) PLoS One 9 (2): e89871 プレスリリースはこちらから

Hyodo, H., Terao, A., Furukawa, J., Sakamoto, N., Yurimoto, H., Satoh, S. and Iwai, H. (2013)
Tissue Specific Localization of Pectin–Ca2+ Cross-linkages and Pectin Methyl-esterification during Fruit Ripening in Tomato (Solanum lycopersicum) PLoS One 8 (11): e78949


Sumiyoshi, M., Nakamura, A., Nakamura, H., Hakata, M., Ichikawa, H., Hirochika, H, Ishii, T., Satoh, S. and Iwai, H. (2013) Increase in cellulose accumulation and improvement of saccharification by overexpression of arabinofuranosidase in rice PLoS One  8(11): e78269  プレスリリースはこ ちらから

Terao A* Satoh S Iwai H*,** (2013). Changes in the distribution of cell wall polysaccharides in early fruit pericarp and ovule, from fruit set to early fruit development, in tomato (Solanum lycopersicum) J Plant Res 126:719-728

Iwai H**,Terao A Satoh S (2013).Changes in distribution of cell wall polysaccharides in floral and fruit abscission zones during fruit development in tomato (Solanum lycopersicum). J Plant Res 126: 427-437

Tsukahara K*,Iwai H*,**,Hamaoka E,Furukawa J,Matsunaga T Satoh S (2013). Analysis of Boron and B-pectin Complex Content in the Abscission Zone during Floral and Fruit Abscission in Tobacco(Nicotianatabacum).Japan Soc Hort Sci, 82(1), 83-90, 2013,(* 筆頭著者扱い, ** 責任著者)

Yazawa K*,Iwai H*,Sugiyama H, Ito S, Hasezawa S Satoh S (2012). Ectopic expression of the leucine-rich repeat-domain of cell wall extensin gene NpLRX1 disturbs morphogenesis of leaf cells by its association with cell membranes in tobacco. Plant Biotechnology, 29, 373-381, (*筆頭著者扱 い)


現在の研究のベースとなった発表論文

H. Iwai, A. Hokura, M. Oishi, H. Chida, T. Ishii, S. Sakai and S. Satoh (2006) The gene responsible for borate cross-linking of pectin RG-II is required for plant reproductive tissue development and fertilization. Proc Natl Acad Sci USA 103 (44): 16592-16597

H. Iwai, N. Masaoka, T. Ishii and S. Satoh (2002) A pectin glucuronyltransferase gene is essential for intercellular attachment in the plant meristem. Proc Natl Acad Sci USA 99 (25): 16319-16324.

H. Iwai, T. Ishii and S. Satoh (2001) Absence of arabinan in the side chains of the pectic polysaccharides strongly associated with cell walls of Nicotiana plumbaginifolia non-organogenic with loosely attached constituent cells. Planta 213: 907-915.


日本語の総説、記事、教科書など

岩井宏暁 (2016) 植物由来のキシラン分解酵素遺伝子を用いた細胞壁改変によるバイオ燃料生産に適した高セルロース含量イネの作出と解析 応用糖質科学 Vol.6, No.2, 91-95

住吉美奈子 et al. (2015)細胞壁、その多様な働き 化学と生物 Vol.53 No.7 462-467

岩井宏暁 (2014)バイオ燃料生産に適した高セルロース含量の細胞壁改変イネの作出と解析 月刊クリーンエネルギー 2 月号

西谷和彦 編集「植物細胞壁」講談社 果実、器官脱離などについて担当 執筆
岩井宏暁 et al. (2012)Newton 7月号
岩井宏暁 et al. (2012)成長制御装置として働く細胞壁 生物の科学遺伝
岩井宏暁、佐藤忍 (2002) 細胞接着とペクチン生合成  蛋白質・核 酸・酵素 47 (12): 1618-1619
岩井宏暁、佐藤忍 (1999) 高等植物における細胞接着  植物の化学調節 34 (2): 202-214


新聞報道

2002、2006年、2013年、2014年
  読売新聞、yahooニュースなど



受賞、招待講演など

・招待講演
日本応用糖質学会(2015)でのシンポジウムで細胞壁改変イネについて招待講演しました。
生物工学会でのシンポジウムで細胞壁改変イネについて招待講演しました。
第一線研究者 教員プレゼンバトルに招待されました。

他(国外2件、国内8件)


・受賞
文部科学大臣表彰若手科学者賞を受賞しました。
学長表彰を受賞しました。

・一緒に研究している学生さんの受賞
平成27年度生物学類長表彰を竹内春樹くん、浦尾唯さんが受賞しました。
平成27年度環境バイオマス共生学専攻長賞を鎌田志保美さんが受賞しました。
平成27年度新学術領域「細胞壁機能」若手ワークショップ優秀口頭発表賞を清永郁香さんが受賞しました。(詳しくはこちらから)
平成26年度新学術領域「細胞壁機能」若手ワークショップ優秀発表賞(口頭発表)を鎌田志保美さんが受賞しました。(詳しくはこちらから)
平成25年度茗溪賞を住吉美奈子さんが受賞しました。
平成25年度茗溪会筑波大学支部賞を斉藤詩織さんが受賞しました。
平成25年度生命環境科学研究科長表彰を住吉美奈子さん、瀧沢彩水さん、兵頭洋美さんが受賞しました。


御質問や御意見のある方は以下まで御連絡ください。

住所:〒305-8572 茨城県つくば市天王台1ー1ー1 

筑波大学 生命環境科学研究科 

環境バイオマス共生学専攻 環境植物生理学研究室  

岩井 宏暁


実験室:総合研究棟 A419号室(電話:029-853-4871、FAX:-4579
オフィス:総合研究棟 A406号室(電話&FAX:029-853-7260
電子メール:iwai.hiroaki.gb@u.tsukuba.ac.jp

研究者情報・プロフィール

所属する教育・研究組織へのリンク
生物学類へのリンク
生命環境科学研究科・環境バイオマス共生学専攻へのリ ンク
生物学オリンピック2009の写真集
植物生理学グループホームページへ戻る